一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは、矯正歯科や口腔外科といった特殊な歯の治療以外のむし歯治療や歯周病の治療、入れ歯の作成など、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

むし歯治療

043366虫歯とはミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕」またはそのような状態になっている個々の歯を指して「虫歯」と呼んでいます。

歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度の虫歯であれば、再石灰化により歯質が回復することもありますが、象牙質まで進み見た目が黒くなった虫歯は自然治癒することはありません。ある程度進行してしまった虫歯は削り取る必要があります。虫歯の種類や場所によっては複雑な形になることもあり、そのような場合は、金属やプラスチック、セラミックといった数種類の材質から選択し、治療することができます。
口腔内環境により使用材質は判断いたしますが、極力ご希望に沿うようにいたしますので、治療の際はご相談ください。

歯がズキズキ痛む場合は虫歯が神経まで進行している場合が多いので、できるだけ早いうちの治療をおすすめします。痛くなくても半年に1度は、歯科医院で定期検診を受けると、自分では気づかない小さな虫歯の早期発見ができて、簡単に少ない回数で治すことができます。.

歯周病治療

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。初期には自覚症状が乏しいため、歯肉が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、歯周病が進行している可能性があります。

かなり進行してしまっていると治療が手遅れになってしまいますし、放っておくと心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。また、「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」などの危険因子が重なった場合は急激に悪化する場合があります。早期発見、早期治療が肝心ですので、気になることがある方は是非ご相談下さい。